165.警備 – 曇

セコムとALSOKがトップ2を占める警備業界。
コロナ影響下でイベントが激減し、イベント警備の仕事は減っています。

とはいえ、メインの業務はオフィスなどの建物の警備。
これも、オフィスを持たない会社が増えているものの、激減しているわけでなく、堅調です。

そして、プラスとなっているのは、人材採用。
警備は厳しい仕事なので、なかなか人が雇えなかったのですが、コロナリストラで人材採用が容易になり、人手不足が解消されそうです。

同時に、カメラやセンサー、ドローンで監視し、AIで感知するという仕組みも作っており、そもそも人手が要らない警備の体制も構築されつつあります。

この辺をひっくるめると、トータルではプラスで、これからより一層利益率は高まっていくと思われます。
警備員としての就職はともかく、ホワイトカラー就職の選択肢としては非常に優良です。

他の業界も知りたい人は、こちら