97.コンサル -嵐

頭がよさげなお仕事No1、コンサルティング会社。

コンサルティングの本来の意味は「専門家の立場から相談に乗り、指導すること」なのですが、それをやっているのはごく一部で、ほとんどはお客さんのお仕事を外注で承っています。

一番多いのが、日本の大手企業が一番弱いIT系のプロジェクト。

お客さんの代わりに、ITのシステムを作ってあげる仕事です。

コンサルタントが陣頭指揮をとり、ITベンダー(NECとか富士通とかその子会社とか孫会社とか中小零細企業とか)を従えて、ITシステムを作ります。

あらゆる企業でIT化が急務だったため、仕事はどんどん増えており、ビフォアーコロナの天気は晴れでした。

しかも「働き方改革をした方が世間的イメージがよくなる」という合理的な理由で、仕事もどんどんホワイト化していき、以前の「コンサルタントは2度死ぬ」的な、24時間働けますかの仕事っぷりはなくなり、定時上がりがあたりまえになるという革命も起こり、高給&ホワイトという最強の仕事になっていました。

そこで、コロナ。

業績が低迷する会社のほとんどは、不要不急のプロジェクトを停止します。

社内のIT化も、ほとんどが「今までのやり方でもなんとかなる」なので、ストップがかかります。

そうすると、真っ先に切られるのが、単価の高い大手のコンサルタント。

コンサル会社は、バッサリ仕事がなくなります。

コンサル会社は、個人が「稼働率」という名目で、客からお金をもらって仕事をしている時間を計られており、客からの仕事をせずに社内でヒマしていると評価がガンガン下がります。(なので、自分に仕事を振ってくれる有能な上司と仲良くなることが大切です)

で、これが下がるとバッサリリストラ。

これから、クビを切られる人が増えるでしょう。

(ちなみに、真っ先に仕事がなくなるのは、フリーのコンサルタントです)

とはいえ、緊急の業務もあります。

一番が、リモートワークの推進。

在宅勤務のためのインフラ整えたり、判子押さないでも承認ができるツールを入れたり、人が集まって会議をしなくても業務が回るように業務改革をしたり。

この辺の業務を請けおうことができれば、当面は食いっぱぐれはない。

いち早くこの辺のノウハウを仕入れ、お客さんに売り込むことができる会社が生き残ります。

コンサルも頭がいい人が多いので、この辺のキャッチアップは早いでしょう。

就活の面接では「コロナ後、お客様の要望が変わったと思うのですが、御社では提供するサービスの内容をどのように変化させていますか?」みたいなことを聞くと、この対応力の早さが分かると思います。

この質問をすると、たぶん向こうは「あなたは、どんなサービスを提供すると良いと思いますか?」と返してくるので、その返しも用意しておきましょうね。

追記

もう一つ、確実に増えるのが、リストラ、撤退コンサルタント。

社内で、同僚をクビにするのって辛いんですよ。

仲間が頑張ってやっていた事業から撤退するのって辛いんですよ。

なので、これを代わりにやってあげるコンサルタントの需要は確実に上がります。

(このコンサルタントをジョージ・クルーニーが演じる、マイレージ、マイライフ(原題:Up in the Air)という映画はすごく面白いので興味がある人は見てみて下さい。

賢いコンサル会社は、景気低迷期に何ができるかを予見しておいて、すぐに出せるように準備してるんですよ。

他の業界も知りたい人は、こちら