56.電子機器 – 雨

子部品といってもいろいろあるのですが、32%が通信機器、28%が自動車と、半分以上をスマホなどと自動車が占めています。

スマホでは、中国や韓国およびAppleに完全敗北した日本メーカーですが、その中で使われている部品ではいまだシェアをもっており、世界シェアの38%をとっています。

そして、コロナ。

コロナの影響で、製造工場の運営に支障がでていたり、スマホや自動車の製造工場もとまったりということで、今期は大きなマイナスがでています。

しかし、特に通信機器に関しては需要が高まっており、2020年から本格的に始まる5G(携帯の通信がめちゃ早くなる新しい電波)の設備投資やスマホの買い替え需要(iPhoneSEは5G非対応!)などを考えると、回復は早いと思われます。

また、全固体電池という、リチウムイオン電池の次の世代の電池は、電気自動車にも使われると言われてます。

この部品を提供できる企業は今後大きく伸びるはずですので、企業選びのご参考に。

他の業界も知りたい人は、こちら